<dd id="mccqm"></dd>
  • <nav id="mccqm"></nav>
  • 首頁 日本語 新着情報 会社ニュース
    新着情報
    中集2020年営業収入942億円 利潤が歴史に最高に達成
    2021-04-13
     
      3月29日夜、中集集団(以下「中集」略称,株コード:000039.SZ\2039.HK)は正式的に2020年年度報告書を発表、去年1年間業績を披露した。
      報告によると、2020年中集集団の年間営業総収入は941.59億元で、前年同期比9.72%上昇した。純利益は60億元を実現し、そのうちの母の純利益は53.50億元で、同246.88%上昇した。中間報告書では、会社は株主に2020年の配当金を送ると発表しました?,F金は1株当たり0.28元です。
      これは1994年にA株が発売されてから27年連続の利益を記録し続けていることを意味し、同時に上場以来26回目の現金配当であり、A株の上場会社の配当回数ランキングのトップ10にランクされ、累計配当金は140億元を超えた。
      収入と収益は過去より最高、予想以上の答案である。
      2020年、突然やってきたコルナの流行は世界経済活動に大きな衝撃を与え、中集集団はグローバルな多国籍集団として、避けられない衝撃を受けました。これにより、中集2020年第一四半期の損失は6.41億元で、第二四半期の業績は大幅に減損であるし、上半期の業績は依然として赤字となった。
      困難にも更に勇猛を表し、生産開始40年近くの国際化グループとして、中集はかつて何度も世界経済の変動と業界の起伏の周期を通り抜けて、そして強力な戦略の昇格と生産能力の配置調整などの措置を通じて、最終的には飛躍的な発展を実現した。
      2020年中集中の行動は同様に迅速かつ断固としており、疫病の影響に抵抗するため、中集は迅速に「特殊時期集団決定委員会」を設立し、一連のリスク管理措置と経営統制措置をとり、断固として実行を推進している。この一年間で、中集は数多くの困難と試練を克服し、戦略計画の最適化、業務フォーカス、非効率資産処理、重大な戦略テーマの着地などの重大な動作を通じて、最終的には質のある成長を実現した。
      中集の特殊な時期のコントロール措置の着地と第3四半期の末からコンテナ市場の暖かさ回復などの多方面の要素を得て、年中から、中集の業績は底に着いて反発した。中集2020年3月期報によると、会社の利益はすでに正2020年末までに、中集の経営的キャッシュフローは大幅に増加し、収入と収益は過去最高を更新した。これにより、中話の発売27年ぶりの黒字記録が維持されました。中集は歴史的にまれな厳しい状況の中、期待を超えた回答を株主に提出するよう努めた。
      主要業務は引き続き第4の百億円をリードする業務プレートの誕生を維持する。
      中集の各主要業務は絶えず市場を開拓し、引き続き市場の指導地位を維持する。コンテナプレートの標準コンテナ及び主要な通常の特別箱市場シェアは引き続き世界第一を維持し、増分業務は同53%増加した。特殊鉄道箱は同219%伸び、市場シェアは業界第一を維持した。車両プレートの全世界の半分のトレーラーの販売台数は合計131,327台で、同11.57%増となり、業界の世界トップを維持している。
      業績データにおいて、中集傘下のコンテナプレートは2020年に営業収入221.64億元を取得し、同9.92%増の年間純利益19.87億元を取得し、純利益率はここ数年の最高水準に達した。
      2020年、中集傘下の車両プレート(中集車両を経営主体とする)は通年営業収入合計264.99億元を取得し、同13.56%増と過去最高を記録し、純利益12.69億元を獲得した。
      2020年に、中集傘下のエネルギー、化学工業及び液体食品装備業務は営業収入132.92億元を実現し、純利益は人民元3.6億元である。この業務(中集安瑞科を主な経営主体とする)は業界の周期性と疫病の二重の影響を受けて、化工タンクの全世界の市場容量は大幅に下がり、全体の業績はやや下がりましたが、主要製品は依然として業界トップの地位を維持してる。同プレートの3大事業の一つであるクリーンエネルギー装備の収入は70億元で、同2.7%上昇した。
      物流プレートの営業収入は2020年に初めて百億元を突破し、106.36億元に達し、同16.15%伸びた。純利益は2.66億元で、同140.57%伸びた。物流サービス業務は中集第四営業収入となり、百億円を突破した業務プレートである。
      「フォーカス知能物流装備」戦略を実行するために、2020年中にグループ内の多数の中小物流キャリア業務を統合した優良企業を集め、ユニットキャリア業務プレート(以下「中集載具」という)を設立し、自動車、液体化学工業、ゴムなどの業界に専門的なユニット化物流キャリアの研究開発、製造、賃貸運営及び包装総合ソリューションを提供することに専念してる。2020年には、中央集成ユニットのキャリア業務が30.36億元の売上高を実現し、純利益は人民元0.94億元である。
      2020年を繰り返し、中集は物流とエネルギー業界に焦点を当てた多国籍産業クラスターを形成した。


    天津中集物流装备有限公司TIANJIN CIMC LOGISTICS EOUIPMENT CO.,LTD

    へ共有する:

    百姓彩票快三