<dd id="mccqm"></dd>
  • <nav id="mccqm"></nav>
  • 首頁 日本語 新着情報 会社ニュース
    新着情報
    鉄鋼造パレットの適切な使用方法
    2016-08-13
    実際に鉄鋼造パレットを運用プロセスの中では、梱包した貨物を組み合わせし、適切なバンディングやラッピングを加え、積み上げるべきだ、機械積み下ろし作業や運搬作業に便益を与え、積み下ろし?運搬?保管の要求に満足させる。
     
    一、鉄鋼造パレットの負荷重量。各鉄鋼造パレットの負荷重量は大体2トン又は2トン以下である。輸送中の安全性を確保するため、積載した貨物の重心高さパレットの幅の三分の二を超えてはなりません。
     
    二、鉄鋼造パレットの積載方法。商品の種類?パレットに積載した貨物の重量?鉄鋼造パレットのサイズによって、合理的に貨物がパレット上の積み上げ方法を決めるべきだ。鉄鋼造パレットの積載表面積の利用率は一般的に80%以上である。鉄鋼造パレットの積み上げに関しては以下の注意事項がある:
     
    1、木材、紙、金属容器など硬材質の直方体を一段又は多段に重ねて積み、フィルム又はラップで包装する。
     
    2、紙や繊維貨物は単層又は多層に積み上げ、バンディングテープで十字封じる。
     
    3、密封された金属容器など円柱体貨物単層又は多層に積み上げ、木材カバーで補強?固定する。
     
    4、防湿気や防水などの紙製品?紡織製品は単層又は多層に重ねて積み、フィルム又はラップで包装し、角サポートを追加し、パーティションやカバーなど補強構造で固定する。
     
    5、壊れやすい商品は単層又は多層に積み上げ、木材スペーサ構造を追加する。
     
    6、金属製ボトル円柱体容器や貨物は、単層ストレート積み、カーゴボックスやバテンの補強構造を追加する。
     
    7、袋類の貨物は多層に重ねて、コンパクションして積み上げる。
     
    三、鉄鋼造パレット貨物積載の固定方法。鉄鋼造パレット貨物積載の固定方法は主にバンディング?粘着固定、ストレッチラップ包装などの方法がある。場合によって、組み合わせて使用することもよくある。
     
    四、鉄鋼造パレット貨物積載の保護と補強。鉄鋼造パレットに積載した貨物を固定した後、今尚運送要求に満たさない場合、保護や補強アクセサリを追加すべきだ。強化保護アクセサリは紙?木材?プラスチック?金属、および他の材料で作成される。
     
    五、鉄鋼造パレットはフォークリフト?棚と運用する時の注意事項。
     
    1、油圧車やフォークリフトがパレットと運用するプロセスの中で、フォーク差しの間の距離が出来る限りフォーク差しの入り口の外縁まで幅を広げ、フォークが入る深さはパレットの深さの2/3以上より大きくなければなりません。
     
    2、油圧車やフォークリフトがパレットと運用?移動プロセスの中で、等速進退?上下移動を保持すべし、急ブレーキ?急転によるパレットの破損や貨物倒れなどを避ける。
     
    3、パレットが棚の上に配置された時、バランス良く配置し、パレットの長さは棚の横梁外径より50mm以上長いこと。

    天津中集物流装备有限公司TIANJIN CIMC LOGISTICS EOUIPMENT CO.,LTD

    へ共有する:

    百姓彩票快三